お酢を活用しておいしく元気な毎日を

私たちにとって身近な存在である「お酢」は、どこの家庭にもあるものですが、使いこなすことで今よりもっと健康的な生活を送ることができます。 ちょっと工夫して毎日の食卓にお酢を使った料理が上るようにすると、しっかりと体にお酢パワーを取り込むことができ、健康な毎日が過ごせますよ。 家庭に常備されているお酢をどんな時に使いますか? 餃子のタレが切れていたから酢醤油に。ナマコや和え物を食べるときにそのままや酢味噌にして。   こんな使い方はもちろん味を引き立てるには良いのですが、使う量としてはほんのわずかです。 お酢には腸内環境を良くしたり疲労回復の働きがあり、その酸味による食欲増進の効果も期待できます。 もっと積極的に摂ることで、体を内側からきれいに健康にしていきましょう。 まずはもちろん簡単に料理に掛けることから。   他にお勧めなのはお酢で食材を和える使い方です。 野菜や海鮮食材をお酢と合わせることでさっぱりとした味になり、食事の最初に食べると食が進みますし、途中でのお口直しにもなります。 一つ簡単なレシピをご紹介します。 『叩きキュウリの甘酢和え』は、ほとんどその名前の通りですので、作り方も簡単です。 洗ったキュウリをまな板に載せ、麺棒なので叩くと弾けるように裂けてきます。   そのキュウリを適当な大きさにちぎりますが、包丁で切るよりも断面が荒くなり、味がしみこみやすくなります。 お酢はレンジで少しだけ温めるとツンとしたにおいも減り、食材へのしみこみも早くなります。   少し温めたお酢に砂糖と少量の醤油、多めのごま油を加えます。 ボウルに入れたら叩いてちぎったキュウリを入れて揉み込むように混ぜ合わせます。 もうこれだけで一品完成です。あまり長く置くとキュウリのシャキシャキ感がなくなるので、食事の都度に作ると良いです。   『鶏肉の酢醤油甘辛煮』 こちらはしっかりと食事のメインになるおかずです。 お好みですが手羽元などを準備して、表面を軽く焼いてから煮込みます。 調味料はお酢と醤油、砂糖、仕上げに味醂と簡単ですし、甘さもお好みです。 お酢にはお肉を柔らかくする効果もあるので、大きめのお肉でも柔らかく仕上がります。

PR|生命保険の口コミ.COM|内職 アルバイト|健康マニアによる無病ライフ|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|クレジットカードの即日発行じゃけん|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|工務店向け集客ノウハウ|注文住宅のための用語集|ゴミ屋敷解消Q&A|カウンセリングのお悩み解決サイト